読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細長い紙をクルクルかわいいお花づくりを楽しむ         ペーパークイリングのブログ

横浜市、相模原市、大和市周辺の小田急線、田園都市線沿線でペーパークイリング教室を開講

ペーパークイリング教室のカリキュラム・初級4回目

こんにちは(^o^)
ペーパークイリング作家&講師の
Ririka(リリカ)です

 

一時的に私の中ですごくブームになった生姜ココア

 

結構始めたころはしっかり飲んでいたのですが
やっぱり飲み慣れていないもの
少し飽きてしまってお休みしています

 

最近は甘酒がいいという情報をキャッチ

そこに生姜を少し入れて飲んでいます

 

これが意外に美味しくて

これは続けられるかもと思っています

(まだ飲み始めたばかりなのでわかりませんが)
 
 
さて今日は、初級4回目のキットです

 

f:id:Ririkaquillng:20170228141344j:plain


 
この4回目はアンティークをイメージして作りました


4回目で覚えていただくパーツは
 
バニーイヤー
シェイプドマーキーズ
シェイプドティアドロップ
スクロール系です
 
 
今回のキットは今までの

基礎の基礎パーツとは違い中々の曲者
 
バニーイヤーやシェイプド系は
今までのとは違う指の動きで
パーツを作っていきます

 

だから、手の使い方を覚えるのに

少し時間がかかったりします

 
※シェイプドマーキーズは楕円の外周に
シェイプドティアドロップはコーナーで
使っているパーツです
 
 
指の使い方が重要なので
口で説明するのがとても難しい
だから、理解してもらうのに

時間がかかってしまうのです
 


中にはすんなりできてしまう人もいるのですが
ほとんどの方は最初
 
???
 
と頭の中にできていると思います
それでも、、少しでも理解してもらえるように
ある程度、納得してもらえるまで
じっくりお伝えしています
 
 
さらにこの回は
スクロール系がたくさん入っています
 
※スクロール系はフレームの外周を
飾っているパーツです
 
スクロール系はパーツを作ったらすぐに
台紙などに貼り付けないと
ドンドン形が変わってしますパーツ
 
紙の特性上、仕方ないのですが
その時間が勝負!?のパーツに
はじめて作られる生徒さん達はアタフタ
 
見た目以上に難しく感じるのです
 
 
なので
ここでは紙の特性などをお話ししながら
私なりのコツをお伝えしています
 


 
継続コースの第1の難関が
この4回目のキットなのかもしれません
 
ですが、皆さん大変といいながら
楽しそうにクルクルされていますし
 
少しでもわからないことがあれば
聞いていただきたいです
 
 
その、聞きやすいお教室環境も
すごく力を入れているところなので
 
「ここがわからないんです」とか
「なんでこうなるんですか?」など
 
ドシドシ声をかけてくださいね♪
(‐^▽^‐)